ニッケ ”声”を明日につなげる

企業情報

トップメッセージ

ニッケグループ代表よりご挨拶

「みらい生活創造企業」にふさわしい、魅力的な事業を創造します

創立120周年(2016年度)の節目に向けた羅針盤として、2009年度よりスタートした「ニッケグループ中長期ビジョン(NN120ビジョン)」では、ニッケグループの目指す方向性とあるべき企業像を明確化いたしました。「繊維」「非繊維」の意識をなくし、全ての事業を「本業」と位置付けて成長発展を目指してまいりました。この結果、NN120ビジョン策定時点では1,000億円を超えていた連結売上高は一旦800億円台に落ち込んだものの、「前の年より少しでも成長を」との地道な積み重ねから6期連続で増収増益を達成し、再び1,000億円を回復いたしました。

しかし、ビジネスを取り巻く環境の変化は速く、個々の事業のみならず、経営戦略や運営体制につきましても、時代に即して機能しているかどうかを常に問い続けなければなりません。このような現状を踏まえ、次の10年間のニッケグループの目指す方向性、企業像、経営戦略を再構築し、中長期的な企業価値の向上を目指すべく、「リニューアル・ニッケ130ビジョン(RN130ビジョン)」を策定し、成長戦略を引き継ぐことといたしました。

ニッケグループは、全てのステークホルダーにとって価値ある企業を目指し、「前年よりも成長する」という地道な積み重ねを行っていくことが大切だと考えております。そのために、グループ各社が、“人と地球に「やさしく、あったかい」企業グループとして、わたしたちは情熱と誇りをもってチャレンジして行きます。”の共通理念のもと、それぞれが向き合う市場の変化に対応し、常に、未開の分野に目を向け、技術とサービスを磨くことにより、オンリーワンの地位を築いていきます。4事業領域(衣料繊維事業、産業機材事業、人とみらい開発事業、生活流通事業)からなるディビジョンカンパニー制としてスピーディーな事業運営を図るとともに、各事業とも「VOC(Voice Of Customer)」(※)を戦略化し、「みらい生活創造企業」にふさわしい、魅力的な事業の創造にチャレンジしていきます。

(※)「 VOC(Voice Of Customer)」とは、企業活動において仮説をもって、顧客の要求・見方、競合他社や新規参入者の活動、市場の変化などを継続的に追跡・検証し、業績を向上させることと考えます。

富田 一弥

ニッケグループ代表
日本毛織株式会社
取締役社長
富田 一弥
(トミタ カズヤ)

ページトップへ