ニッケ ”声”を明日につなげる ニッケをクリエイト! プロモーション MOVIE

2011年度(平成23年)11月期 第2四半期連結決算のお知らせ

2011年7月8日

2011年度(平成23年)11月期第2四半期連結決算が確定いたしました。

 

売上高 42,068百万円 (前年同期比     2.0%増)
営業利益 2,566百万円 (前年同期比     23.5%増)
経常利益 2,625百万円 (前年同期比     12.7%増)
四半期純利益 1,280百万円 (前年同期比     ▲14.6%減)

 

 

当第2四半期累計期間は、東日本大震災により、サプライチェーン寸断や電力不足による生産減、消費者マインド悪化による消費低迷等の影響を受け厳しい経営環境となりましたが、当社グループとしましては、新規事業の拡大や昨年から取組んできた生産性向上の成果があらわれ、売上高、営業利益、経常利益でそれぞれ昨年を上回ることができました。四半期純利益につきましては、前年同期は遊休不動産の売却益があった一方で、当期は資産除去債務適用の影響等により特別損益が減少し下回りました。
主力事業の衣料繊維は、昨年に実施した国内外の工場再編等により収益が大幅に改善しました。新規事業は、コミュニティサービス事業で認知症対応型通所介護施設の開業や生活流通事業で生活雑貨卸の㈱友栄をグループ化しました。

 

通期の連結業績は、当第2四半期が資材事業とエンジニアリング事業において震災の影響等から減収となったため、売上高は前回発表と比較して▲15億円減の875億円となる見通しです。
利益は、引続き生産性向上と経費削減に取組み、前回発表の営業利益52億円、経常利益51.5億円、当期純利益30億円を維持できる見通しです。

 

当中間期の配当は、前中間期と同様の一株あたり8円を予定しており、期末配当と合わせて年間一株当たり
18円の維持を目標とします。

 

詳細は IR情報>決算短信

ページトップへ