ニッケ ”声”を明日につなげる ニッケをクリエイト! プロモーション MOVIE

企業情報

沿革

“ウールにはじまり、ウールをこえる”-ニッケ第1世紀。
そして“新しい風を創造する”の企業理念のもとに、世界に通じる新しい価値の創造をめざしてスタートした第2世紀。伝統を大切にしながらも、革新と挑戦を重ねてきたニッケの歩みの概略を紹介します。

平成

明治・大正・昭和

明治
1896年(明治29年)
日本毛織株式会社を設立(12月)
加古川工場
1899年(明治32年)
加古川工場操業開始
1900年(明治33年)
陸海軍省に初めて毛布を納入
1901年(明治34年)
ラシャの製造開始
1912年(明治45年)
梳毛糸・モスリンの製造開始
大正
1919年(大正8年)
印南工場操業開始
印南工場
昭和
1937年(昭和12年)
神戸市神戸区明石町47に本社ビル(現本店)建設
昭和初期のポスター(右下は奥山儀八郎の作品)
1941年(昭和16年)
共立モスリン株式会社(旧中山工場・旧館林工場)を吸収合併
1942年(昭和17年)
昭和毛絲紡績(株)を合併し、弥富工場、一宮工場(現在の一宮事業所)として発足
1949年(昭和24年)
東京証券取引所1部に上場(5月16日)
1956年(昭和31年)
ニホンケオリ・アルゼンチナ設立(1981年閉鎖)
昭和天皇・皇后両陛下が加古川工場に行幸啓
1958年(昭和33年)
鵜沼工場(現岐阜工場)操業開始
1962年(昭和37年)
印南工場でカーペットの製造開始
1964年(昭和39年)
日本でのウールマークの使用認可第1号を取得
1970年(昭和45年)
機械製作所設置(1978年株式会社ニッケ機械製作所として独立)
1971年(昭和46年)
大阪市中央区淡路町4-61に大阪支店新築(1991年閉鎖)
1976年(昭和51年)
加古川・印南両工場を統合し印南工場とする
1984年(昭和59年)
加古川市にショッピングセンター「ニッケパークタウン」をオープン
「朝日ニッケ英文エッセーコンテスト」スタート(2005年第18回をもって終了)
1986年(昭和61年)
弥富ニッケゴルフコース建設、営業開始
1988年(昭和63年)
市川市にショッピング・飲食・スポーツなどの複合施設「ニッケコルトンプラザ」をオープン

ページトップへ