ニッケ ”声”を明日につなげる

CSR・社会貢献

企業倫理

企業倫理規範について

企業倫理規範は、日本毛織グループ(以下「ニッケグループ」という)の役員・社員が企業理念・経営方針のもとで企業活動を行うにあたり、常に法と社会規範を遵守するための基本的考え方を定めたものであります。
ニッケグループ役員は、この倫理規範の実践を自らの重要な役割として、率先垂範して社内ならびにグループ企業にその周知徹底と定着化を図るとともに、取引先にも促します。この規範に反するような事態が発生した時は、速やかにその違反状態を是正し、再発を防止します。また、社会への迅速な情報の公開と説明責任を遂行するとともに、違反行為に対しては厳正に対処します。

優れた商品・サービスの開発・提供について

ニッケグループは、社会的に有用な優れた商品・サービスの開発と提供に努めていますが、その安全性の確保を基本とします。

公正で自由な競争について

ニッケグループは、公正で自由な競争が経済活動の基本原理であるとの自覚のもと、常に社会的良識に沿って活動します。

環境保全・安全・健康について

ニッケグループは、研究開発から製造、販売、サービスに至るすべての事業において、環境保全・安全・健康をすべてに優先させます。

情報の管理及び開示について

ニッケグループは、個人情報、顧客情報の保護のため、適切な情報管理を行うと共に、企業活動の透明性を高めることの重要性を十分認識し、企業情報を適時適切に開示します。

人間尊重について

ニッケグループは、安全で働きやすい職場環境を確保するとともに、雇用の機会均等、社員の能力開発等を図り、関係するすべての人々の人権を尊重し、差別のない明るい職場をつくります。

社会貢献活動について

ニッケグループは、地域社会と連携・協調を図り、地域に貢献する「良き企業市民」を目指します。

反社会的勢力について

ニッケグループは、企業や市民社会の秩序に脅威を与える反社会的勢力や団体に対しては、毅然たる態度で対応し、関係遮断を徹底します。

海外の事業活動について

ニッケグループは、事業活動のグローバル化に対応し、各国・地域の法律の遵守、人権を含む各種の国際規範の尊重はもとより、文化や慣習、ステークホルダーの関心に配慮した経営を行い、当該国・地域の経済社会の発展に貢献します。

この企業倫理規範にもとづく具体的な行動基準は、「企業行動基準」として別途制定する他、各種社内規定等に定めています。

ページトップへ