ニッケ ”声”を明日につなげる

企業情報

中長期ビジョン(RN130ビジョン)

創立120周年(2016年度)の節目に向けた羅針盤として、2009年度よりスタートした「ニッケグループ中長期ビジョン(NN120ビジョン)」では、ニッケグループの目指す方向性とあるべき企業像を明確化いたしました。「繊維」「非繊維」の意識をなくし、全ての事業を「本業」と位置付けて成長発展を目指してまいりました。この結果、NN120ビジョン策定時点では1000億円を超えていた連結売上高は一旦800億円台に落ち込んだものの、「前の年より少しでも成長を」との地道な積み重ねから6期連続で増収増益を達成し、再び1000億円を回復いたしました。

しかしながら、順調に成長している事業もあれば、残念ながら縮小している事業があるのも現実です。また、経営戦略や運営体制についても、機能しているものもあれば、そうでないものもあります。このような現状を踏まえ、次の10年間のニッケグループの目指す方向性、企業像、経営戦略を再構築し、中長期的な企業価値の向上を目指すべく、「リニューアル・ニッケ130ビジョン(RN130ビジョン)」を策定し、成長戦略を引き継ぐことといたしました。

RN130第1次中期経営計画(2017~2019年度)説明資料

経営理念

”人地球に「やさしく、あったかい」企業グループとして、
わたしたちは情熱と誇りをもってチャレンジして行きます。”

  • 未開の分野に目を向け、「高機能商品」「地域NO1サービス」の開発と提供へ挑戦し、みらい生活創造企業を目指します。

経営方針

  • 「全員がチャレンジ精神を持ち」「人が育つ」、生命力あふれた会社を目指します。
  • お客様の声と研究開発から、独自性のある商品・サービスで市場を創造します。
  • 常に未来を見つめ、グローバルな視点に立ち、世界に広がるお客様と社会の発展に貢献します。
  • 多くの市場で勝ち抜くために、広く人財を求め、多様な「知」を終結して、事業を革新・発展させます。
  • お客様や株主様、社員、取引先、地域社会をはじめとした様々なステークホルダーとの永続的な信頼関係を築くことにより、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指します。

ニッケグループは、全てのステークホルダーにとって価値ある企業を目指し、「前年よりも成長する」という地道な積み重ねを行っていくことが大切だと考えております。そのために、グループの各事業が、理念に示した「みらい生活創造企業」にふさわしい、魅力的な事業を創造することを目標としてまいります。

ニッケグループの目指す方向性

未開の分野に目を向け、技術とサービスを磨くことにより、オンリーワンの地位を築きます。4事業領域(衣料繊維事業、産業機材事業、人とみらい開発事業、生活流通事業)からなるディビジョンカンパニー制としてスピーディーな事業運営を図るとともに、各事業とも「 VOC(Voic Of Customer)」(※) を戦略化し、単なる「プロダクトアウト」から「マーケットイン」活動を進めてまいります。
(※)「VOC(Voic Of Customer)」とは、企業活動において仮説をもって、顧客の要求・見方、競合他社や新規参入者の活動、市場の変化などを継続的に追跡・検証し、業績を向上させることと考えます。

  • 人財戦略については、自ら「考え」「行動に示し」「変革していく」能力をもった、チャレンジする人財を育てていくという経営理念・経営方針のもと取り組んでまいります。
  • 研究開発センターでは、グループ各事業が展開する領域の、更に一歩先にある成長分野を研究開発領域とし、「健康・快適」「環境」「安全・安心」を軸にして、新たなテーマ発掘と商品・素材・サービス・技術の開発を事業部門と共に進めてまいります。

ニッケグループ代表
代表取締役社長
富田 一弥(トミタ カズヤ)

ページトップへ