ニッケ ”声”を明日につなげる

企業情報

沿革

“ウールにはじまり、ウールをこえる”-ニッケ第1世紀。
そして“新しい風を創造する”の企業理念のもとに、世界に通じる新しい価値の創造をめざしてスタートした第2世紀。伝統を大切にしながらも、革新と挑戦を重ねてきたニッケの歩みの概略を紹介します。

1990年(平成2年) 「ニッケミラノオフィス」開設
加古川マラソンに協賛スタート
1991年(平成3年) 大阪市中央区瓦町3-3-10に現ニッケ本社ビル完成
1995年(平成7年) 双洋貿易(株)を買収、馬具・乗馬用品の製造・販売事業へ進出
1996年(平成8年) ニッケ創立100周年を迎える
一宮市に「ニッケ創作工房」を開設

ニッケ創作工房

 

1997年(平成9年) 弥富工場を閉鎖し、紡績・紡毛部門の子会社「弥富ウール株式会社」を設立
1998年(平成10年) 中国青島市に「青島日毛織物有限公司」設立

青島日毛紡織有限公司

 

1999年(平成11年) 尾西毛糸紡績株式会社と合併
2002年(平成14年) 東京支社を八重洲に移転
「プルミエール・ヴィジョン」にアジアから初めて出展
アンビック(株)を子会社化
中国の江陰日毛紡績有限公司買収
2003年(平成15年) 株式会社ジー・シー・シーを子会社化
2004年(平成16年) 日毛(上海)貿易有限公司を設立
2005年(平成17年) 全日本テニス選手権大会に特別協賛(2013年をもって終了)

ニッケ全日本テニス選手権大会

2006年(平成18年) 株式会社ゴーセンを子会社化
「第1回ニッケPureHeartエッセー大賞/イラスト大賞」主催、実施

ニッケPureHeartエッセー大会/イラスト大賞 入賞作品掲載本

2007年(平成19年) 「ニッケグループ中長期ビジョン(NN120ビジョン)」策定
定年制65歳に延長決定
2008年(平成20年) 通称社名「ニッケ(NIKKE)」を採用
組織改正により6つの事業領域に区分
2009年(平成21年) ニッケコルトンプラザ 増床リニューアルオープン
2010年(平成22年) 艶金化繊(株)との業務提携を締結
2012年(平成24年) 日毛(上海)管理有限公司を設立
安碧克(上海)貿易有限公司を設立
ゴーセン・タイランド社を設立
組織改正により4つの事業領域に区分
2013年(平成25年) (株)ツキネコを子会社化
ニッケまちなか発電所明石土山開業
ニッケ・タイランド設立

ニッケまちなか発電所明石土山開業

2014年(平成26年) ニッケテキスタイル(株)設立
(株)ナカヒロが創立120周年を迎える
ニッケパークタウンが開業30周年を迎える
2015年(平成27年) 本社ビル1階に事業紹介コーナーを開設
日本パムコ(株)を子会社化
杉本織物(株)を子会社化
ユニフォーム事業の企画・販売機能をグループ商社へ移管
一宮事業所の紡績・整理技術を岐阜工場、印南工場へ集約
(株)ゴーセン本社をニッケ四ツ橋ビルへ移転

本社ビル1階に事業紹介コーナーを開設

2016年(平成28年) ミヤコ商事(株)を子会社化
(株)こどものかおを子会社化
「ニッケグループ中長期ビジョン(RN130ビジョン)」策定
創立120周年を迎える

ページトップへ